CDaoWorkspace::GetDatabaseInfo

その後 GetDatabaseInfo が無効 (int nIndex、CDaoDatabaseInfoamp;dbinfoDWORDdwInfoOptions(&A) AFX_DAO_PRIMARY_INFO =);
throw (CDaoException, CMemoryException);

その後 GetDatabaseInfo が無効 (LPCTSTR lpszName, CDaoDatabaseInfoamp;dbinfoDWORDdwInfoOptions(&A) AFX_DAO_PRIMARY_INFO =);
throw (CDaoException, CMemoryException);

パラメーター

nIndex

0 から始まるインデックス、データベース内のオブジェクトのインデックスで検索するためのワークスペースの Databases コレクション。

dbinfo

要求された情報を返すCDaoDatabaseInfoオブジェクトへの参照。

dwInfoOptions

取得するデータベースに関する情報を指定するオプション。使用可能なオプションはここで彼らを返す関数がと共に一覧表示されます。:

lpszName

名前で検索するデータベース オブジェクトの名前。名前は、新しいワークスペース オブジェクトの一意名は最大 14 文字文字列です。

解説

さまざまな種類のワークスペースで開いているデータベースに関する情報を入手するにはこのメンバー関数を呼び出します。関数の 1 つのバージョンをデータベースをインデックスで検索することができます。他のバージョンでデータベースを名前で検索することができます。

Dbinfoで返される情報の説明については、 CDaoDatabaseInfo構造体を参照してください。この構造は、 dwInfoOptionsの説明に上記の情報のアイテムに対応するメンバーがあります。1 つのレベルで情報を要求すると、レベルなどの情報を得る。

データベース情報の取得の詳細については、資料を参照してください DAO コレクション: DAO オブジェクトの情報の取得Visual の C++ プログラマのガイド

CDaoWorkspace 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoWorkspace::GetDatabaseCount(&N)

Index