CDaoRecordView

CDaoRecordViewオブジェクトはデータベース レコードをコントロールに表示するビューです。ビューは、 CDaoRecordsetオブジェクトに直接接続されたフォーム ビューです。ビューはダイアログ テンプレート リソースから作成され、 CDaoRecordsetオブジェクトのフィールドをダイアログ テンプレートのコントロールに表示されます。CDaoRecordViewオブジェクトでは、ダイアログ データ エクス (チェンジ DDX) および DAO レコード フィールド エクス (チェンジ DFX) を使用して、フォーム上のコントロールとレコード セットのフィールド間のデータ移動を自動化します。CDaoRecordViewも移動する既定の実装を提供する、最初に次、前、または最後のレコードとビューの現在のレコードを更新するためのインターフェース。

特価;DAO データベース クラスは、オープン データベース接続 (ODBC) に基づく MFC データベース クラスから区別されます。すべての DAO データベース クラス名は、"CDao"というプリフィックスがあります。まだ、DAO クラスと ODBC データ ソースのアクセスすることができます。Microsoft Jet データベース エンジンを使用するため、DAO クラスは一般的に優れた機能を提供します。(&N)。

レコード ビューを作成するには、最も一般的な方法は、AppWizard でです。レコード ビュー クラスとその関連付けられたレコード セット クラス初期アプリケーションのスケルトンの一部としての両方の AppWizard を作成します。

AppWizard のアプローチは、単に 1 つのフォームが必要な場合は、簡単です。ClassWizard では、開発プロセスの後で、レコード ビューを使用することができます。AppWizard では、レコード ビュー クラスを作成しない場合は、ClassWizard の後で作成することができます。ClassWizard を使用してレコード ビューとレコード セットを個別に作成し、それらを接続するが、最も柔軟な方法は、レコード セット クラスの名前でより詳細に制御を与えるため、その。H ・。CPP ファイル。このアプローチも同じレコード セット クラスの複数のレコード ビューを有することができます。

エンドユーザーがレコード ビュー内のレコードからレコードへの移動を容易にするには、AppWizard] メニューだ (および必要に応じてツールバー) 作成リソースを移動する、最初に次、前、または最後のレコード。ClassWizard では、レコード ビュー クラスを作成する場合は、これらのリソースは自分で、メニューやビットマップ エディターを作成する必要があります。これらのリソースの詳細についてを参照してください 概要: プログラムとサポート データベースを作成する ClassWizard: データベース フォームを作成する

移動の実装の参照レコードからレコードへを既定値に関する情報をIsOnFirstRecordIsOnLastRecordと、記事 レコード ビュー: レコード ビューを使用してCRecordViewCDaoRecordViewの両方に適用されます。

CDaoRecordViewレコード セットでのユーザーの位置、レコード ビューのユーザー インターフェイスを更新できるようにの追跡。いずれか、レコード セットの最後に、ユーザーを移動すると、レコード ビュー ユーザー インターフェイス オブジェクトを無効に-メニュー項目またはツール バー ボタンなど ? 移動同じ方向で。

についてを宣言して、レコード ビューとレコード セット クラスを使用して」の設計と作成、レコード ビュー」資料を参照しての詳細 レコード ビュー。レコード ビューの動作とそれらを使用する方法の詳細については、参照してください レコード ビュー: レコード ビューを使用して。上記のすべての記事CRecordViewCDaoRecordViewの両方に適用し、 Visual の C++ プログラマのガイドであります。

#include lt;afxdao.h>

クラス メンバーの |nbsp;基本クラス|階層図(&N)

サンプル特価; MFC サンプル DAOENROL(&N)

参照特価;CDaoRecordsetCDaoTableDefCDaoQueryDefCDaoDatabaseCDaoWorkspaceCFormView(&N)

Index