CDaoRecordView::OnMove

仮想 BOOL OnMove (UINT nIDMoveCommand );

戻り値

移動が成功した移動要求が拒否された場合それ以外の場合は 0。

パラメーター

nIDMoveCommand

次の標準コマンド ID 値の 1 つ:

解説

別のレコードにレコード セットを移動し、レコード ビューのコントロールにそのフィールドを表示するにはこのメンバー関数を呼び出します。既定の実装は適切な Move メンバー関数、レコード ビューに関連付けられたCDaoRecordsetオブジェクトの呼び出し。

ユーザーはレコード ビューに変更されている場合既定では、 onmove 関数現在のレコード、データ ソースの更新します。

AppWizard は、最初のレコード、最後のレコード、次のレコード、前のレコードのメニュー項目をメニュー リソースを作成します。初期のツールバー オプションを選択した場合、AppWizard もツールバーこれらのコマンドに対応するボタンの作成します。

レコード セットの最終レコードを超えて移動すると、レコード ビューの最後のレコードを表示し続けます。過去の最初のレコードを前に移動する場合は、最初のレコードを表示するには、レコード ビューを続けています。

注意特価;レコード セットにレコードがあるない場合はonmove 関数を呼び出すと、例外がスローされます。適切なユーザー インターフェイス更新ハンドラー関数を呼び出す ? OnUpdateRecordFirstOnUpdateRecordLastOnUpdateRecordNext、またはOnUpdateRecordPrev -対応する前に、レコード セットにレコードが存在するかどうかを確認するのに移動します。更新ハンドラーについてを参照してください 概要: プログラムとサポート データベースを作成するVisual の C++ プログラマのガイド(&N)。

CDaoRecordView 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoRecordset::Move(&N)

Index