CDaoRecordView::CDaoRecordView

CDaoRecordView (LPCSTRlpszTemplateName );

CDaoRecordView (UINT nIDTemplate );

パラメーター

lpszTemplateName

ダイアログ テンプレート リソースの名前を指定する null で終わる文字列が含まれています。

nIDTemplate

ダイアログ テンプレート リソースの ID 番号が含まれています。

解説

CDaoRecordViewから派生した型のオブジェクトを作成するときは、いずれかの形式のビュー オブジェクトを初期化し、ビューの基になるダイアログ リソースを識別するコンス トラクターを呼び出します。名前 (コンス トラクターに渡す引数として文字列) またはその ID (パスを引数として符号なし整数) で、リソースを識別することもできます。リソースを使用して ID を推奨します。

特価;派生クラスは、独自のコンス トラクターを指定する必要があります。派生クラスのコンス トラクターでは、リソースの名前または ID をCDaoRecordView::CDaoRecordViewコンス トラクター引数として呼び出す(&N)。

CDaoRecordView::OnInitialUpdate :updatedata CWnd::DoDataExchangeを呼び出し、呼び出されます。DoDataExchangeこの最初の呼び出しCDaoRecordViewコントロール (直接) ClassWizard で作成CDaoRecordsetフィールド データ メンバーに接続できません。基本クラスCFormView::OnInitialUpdateメンバー関数を呼び出した後にこれらのデータ メンバーまで使用することはできません。

特価;ClassWizard を使用する場合は、ウィザードに列挙値を定義します CDaoRecordView::IDD 、それはあなたを参照してください、コンス トラクターのメンバー初期化リストを指定しますIDD_MYFORM(&N)。

CMyRecordView::CMyRecordView(): CDaoRecordView (IDD_MYFORM){//{{AFX_DATA_INIT (CMyRecordView)・ ・ メモ: ClassWizard メンバーの初期化をここで追加します。//}}AFX_DATA_INIT//データの初期化などの他の建設コード}

CDaoRecordView 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;:UpdatedataCWnd::DoDataExchange(&N)

Index