CDaoRecordset::SetCacheSize

void SetCacheSize (長い lSize );
throw (CDaoException, CMemoryException);

パラメーター

lSize

レコードの数を指定します。一般的な値は 100 です。0 に設定は、キャッシュをオフにします。設定は、5 〜 1200年レコードまでする必要があります。キャッシュ メモリのかなりの量を使用可能性があります。

解説

キャッシュされるレコードの数を設定するにはこのメンバー関数を呼び出します。キャッシュ、容量、アプリケーションの実行中、データを再度要求されることが最近、サーバーから取得されたデータを保持するローカルのメモリ内です。キャッシュされたデータは、ダイナセット タイプのレコード セット オブジェクトをリモート サーバーからデータを取得するアプリケーションのパフォーマンスが向上します。データが要求されると、Microsoft Jet データベース エンジンのキャッシュは、要求されたデータを最初は時間がかかるサーバーから取得するよりもむしろチェックします。ODBC データ ソースからデータをキャッシュに保存されません。

アタッチ テーブルなどの ODBC データ ソースは、ローカル キャッシュを持つことができます。キャッシュを作成するには、リモート データ ソースからレコード セット オブジェクトを開く、 SetCacheSizeSetCacheStartのメンバー関数を呼び出し、移動操作の 1 つを使用してレコードのステップ、 FillCacheメンバー関数を呼び出します。LSizeパラメーター SetCacheSizeのメンバー関数のアプリケーションを同時に操作することができますレコードの数に基づくことができます。データのソースとしてレコード セットを使用して画面に表示されるにいる場合は、たとえば、 SetCacheSize lSizeパラメーターは、一度に 20 レコードを表示するには 20 を渡します。

レコード検索の詳細については、資料を参照してください DAO レコード セット: レコード セットの移動Visual の C++ プログラマのガイド。関連情報については、DAO のヘルプでトピック「CacheSize、CacheStart プロパティ」を参照してください。

CDaoRecordset の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoRecordset::FillCacheCDaoRecordset::GetCacheSizeCDaoRecordset::GetCacheStartCDaoRecordset::SetCacheStart(&N)

Index