CDaoRecordset::m_pDatabase

解説

レコード セットをデータ ソースに接続されているCDaoDatabaseオブジェクトへのポインターが含まれています。この変数は、2 つの方法で設定されます。通常、レコード セット オブジェクトを構築するとき、既に開かれているCDaoDatabaseオブジェクトへのポインターが渡します。代わりにNULLを渡す場合は、 CDaoRecordset CDaoDatabaseオブジェクトを作成し、それを開きます。どちらの場合では、この変数のポインターのCDaoRecordsetの格納します。

通常、直接m_pDatabaseに格納されているポインターを使用する必要はありません。ただし、 CDaoRecordsetに独自の拡張機能を記述する場合は、ポインターを使用する必要があります。たとえば、独自のCDaoException(s) をスローする場合、ポインターを必要があります。

基になる DAO オブジェクトへのアクセスの詳細については、資料を参照してください DAO コレクション: DAO オブジェクトの情報の取得Visual の C++ プログラマのガイド。関連情報については、DAO ヘルプの「データベース オブジェクト」のトピックを参照してください。

CDaoRecordset の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoRecordset::m_pDAORecordset(&N)

Index