CDaoRecordset::GetFieldValue

仮想 void GetFieldValue (LPCTSTR lpszName、COleVariantamp;varValue(&A) );
throw (CDaoException, CMemoryException);

仮想 void GetFieldValue (int nIndex、COleVariantamp;varValue(&A) );
throw (CDaoException, CMemoryException);

仮想 COleVariant GetFieldValue (LPCTSTR lpszName );
throw (CDaoException, CMemoryException);

仮想 COleVariant GetFieldValue (int nIndex );
throw (CDaoException, CMemoryException);

戻り値

値を返す 2 つのバージョンGetFieldValueのフィールドの値を含む、 COleVariantオブジェクトを返す。

パラメーター

lpszName

フィールドの名前を含む文字列へのポインター。

varValue

フィールドの値を格納する、 COleVariantオブジェクトへの参照。

nIndex

レコード セットのフィールド コレクション内のインデックスで検索するフィールドのインデックス。

解説

レコード セット内のデータを取得するにはこのメンバー関数を呼び出します。名前または序数位置によっては、フィールドを見ることができます。

特価;ではなく、バージョンを呼び出して、 COleVariantオブジェクトを返します、 COleVariantオブジェクト参照をパラメーターとして取り、このメンバー関数のバージョンの 1 つの呼び出しに効率的であります。(&N)。

GetFieldValueSetFieldValueを使用して、実行時ではなく、 DoFieldExchange機構を使用して列を静的にバインド フィールドを動的にバインドするには。

GetFieldValueDoFieldExchange機構はパフォーマンスを改善するために組み合わせることができます。たとえば、 GetFieldValueを使用して要求時のみ、必要な値を取得して、インタ フェースの「詳細」ボタンを割り当てる。

フィールドを動的にバインディングの詳細については、資料を参照してください DAO レコード セット: レコードの動的連結 Visual の C++ プログラマのガイド。関連情報については、「Field オブジェクト」と DAO のヘルプで「値プロパティ」のトピックを参照してください。

CDaoRecordset の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoRecordset::SetFieldValue(&N)

Index