CDaoRecordset::GetCacheSize

長い GetCacheSize ();
throw (CDaoException, CMemoryException);

戻り値

ODBC データ ソースからローカルでキャッシュされたデータを含むダイナセット タイプのレコード セットのレコード数を指定する値。

解説

キャッシュされたレコードの数を取得します。キャッシュされたデータは、ダイナセット タイプのレコード セット オブジェクトをリモート サーバーからデータを取得するアプリケーションのパフォーマンスが向上します。キャッシュ、容量、アプリケーションの実行中、データを再度要求されることが最近、サーバーから取得されたデータを保持するローカルのメモリ内です。データが要求されると、Microsoft Jet データベース エンジンのキャッシュは、要求されたデータを最初は時間がかかるサーバーから取得するよりもむしろチェックします。ODBC データ ソースからデータをキャッシュに保存されません。

アタッチ テーブルなどの ODBC データ ソースをローカルのキャッシュを持つことができます。

レコードのキャッシュの詳細については、資料を参照してください DAO 外部: 外部データ ソースによるパフォーマンスの向上 Visual の C++ プログラマのガイド。関連情報については、DAO のヘルプでトピック「CacheSize、CacheStart プロパティ」を参照してください。

CDaoRecordset の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoRecordset::FillCacheCDaoRecordset::GetCacheStartCDaoRecordset::SetCacheSizeCDaoRecordset::SetCacheStart(&N)

Index