CDaoRecordset::DoFieldExchange

仮想 void DoFieldExchange (CDaoFieldExchange ※ pFX );

パラメーター

pFX

CDaoFieldExchangeオブジェクトへのポインターが含まれています。フレームワークがこのオブジェクトをフィールド交換操作のコンテキストを指定する設定がされます。

解説

フレームワークは、自動的にレコード セット オブジェクトのフィールド データ メンバーとデータ ソースの現在のレコードの対応する列の間でデータを交換するにはこのメンバー関数を呼び出します。それも、する場合、レコード セットの選択のための SQL ステートメント文字列内のパラメーター プレース ホルダーのパラメーター データ メンバーをバインドします。DAO レコード フィールド エクス チェンジ (DFX) と呼ばれる、フィールドのデータの交換の両方の方向で動作: レコード セット オブジェクトのフィールド データ メンバーに、データ ソース上のレコードのフィールドとレコード セット オブジェクトにデータ ソースのレコードからします。列を動的にバインドする場合は、 DoFieldExchangeを実装する必要はありません。

通常DoFieldExchangeを派生レコード セット クラスの実装にする必要があります、唯一のアクションは、ClassWizard で、クラスを作成し、名前とデータ型のフィールド データ メンバーを指定します。ClassWizard のパラメーター データ メンバーを指定する書き込みは、コードを追加することもあります。すべてのフィールドを動的に連結する場合は、パラメーター データ メンバーを指定しない限り、この関数はアクティブになります。詳細については、参照してください DAO レコード セット: レコードの動的連結 Visual の C++ プログラマのガイド

ClassWizard の派生レコード セット クラスを宣言すると、ウィザードDoFieldExchangeのオーバーライドを次の例のような書き込み:

void CCustSet::DoFieldExchange (CDaoFieldExchange ※ pFX){//{{AFX_FIELD_MAP(CCustSet)pFX gt;SetFieldType(CDaoFieldExchange::outputColumn);DFX_Text (pFX、「名前」、m_strName);DFX_Short (pFX、「年齢」、m_wAge);//}}AFX_FIELD_MAP}(&G)

レコード フィールド エクス チェンジの詳細情報を参照してください DAO レコード フィールド エクス チェンジ (DFX)Visual の C++ プログラマのガイド

CDaoRecordset の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoException(&N)

Index