CDaoQueryDef クラス メンバー

データ メンバー

m_pDatabase クエリ定義に関連付けられているCDaoDatabaseオブジェクトへのポインター。かどうか、クエリがデータベースに保存可能性があります。
m_pDAOQueryDef 基になる DAO クエリ定義オブジェクトの OLE インターフェイスへのポインター。

建設

CDaoQueryDef CDaoQueryDefオブジェクトを構築します。次の呼び出しオープンまたは作成では、お客様のニーズに応じて。
作成します。 基になる DAO クエリ定義オブジェクトを作成します。クエリ定義を一時クエリとして使用またはをデータベースに保存するには、追加をを呼び出す。
追加 クエリ定義を保存されたクエリとしてデータベースの QueryDefs コレクションに追加します。
オープン データベースの QueryDefs コレクションに格納されている既存のクエリ定義を開く。
閉じる クエリ定義オブジェクトを閉じます。それが完了したら、C++ オブジェクトを破棄します。

属性
CanUpdate クエリは、データベースを更新することができる場合は 0 以外を返します。
GetConnect クエリ定義に関連付けられた接続文字列を返します。接続文字列、データ ソースを識別します。(SQL のパススルーのみ、それ以外の場合は空の文字列をクエリ。)
GetDateCreated 保存されたクエリが作成された日付を返します。
GetDateLastUpdated 保存されたクエリが最後に更新された日付を返します。
GetName クエリ定義の名前を返します。
GetODBCTimeout ODBC で使用される (ODBC クエリに対して)、タイムアウト値を返す場合、クエリが実行されます。これは、期間、クエリの動作が完了するを許可する決定します。
GetRecordsAffected アクション クエリによって影響を受けたレコードの数を返します。
GetReturnsRecords クエリ定義で定義されたクエリがレコードを返す場合は 0 以外を返します。
Getsql 関数 クエリ定義で定義されているクエリを指定する SQL 文字列を返します。
GetType クエリの種類を返します: 削除、更新、追加、テーブル作成、およびように。
IsOpen クエリ定義がオープンを実行できる場合は 0 以外を返します。
SetConnect 接続文字列、SQL パススルー クエリは、ODBC データ ソースに設定します。
SetName クエリ定義を作成したとき、名前に代わる、保存されたクエリの名前を設定します。
SetODBCTimeout ODBC で使用される (ODBC クエリに対して)、タイムアウト値を設定するクエリが実行されます。
SetReturnsRecords クエリ定義がレコードを返すかどうかを指定します。この属性がTRUEに設定のみ SQL パススルー クエリは有効です。
SetSQL クエリ定義で定義されているクエリを指定する SQL 文字列を設定します。

操作

実行 クエリ定義オブジェクトで定義されたクエリを実行します。
GetFieldCount クエリ定義で定義されているフィールドの数を返します。
GetFieldInfo クエリで定義された、指定したフィールドに関する情報を返します。
GetParameterCount クエリで定義されているパラメーターの数を返します。
GetParameterInfo クエリに指定されたパラメーターについての情報を返します。
GetParamValue クエリに指定されたパラメーターの値を返します。
SetParamValue クエリに指定されたパラメーターの値を設定します。

CDaoQueryDef 概要|nbsp;基本クラスのメンバー |階層図(&N)

Index