CDaoQueryDef::GetConnect

CString の GetConnect ();
throw (CDaoException, CMemoryException);

戻り値

接続文字列は、クエリ定義を含むCString

解説

クエリのデータ ソースに関連付けられた接続文字列を取得するにはこのメンバー関数を呼び出します。この関数は、ODBC データ ソースと特定 ISAM ドライバーでのみ使用されます。Microsoft Jet を使用しない (。MDB) データベース;この場合、 GetConnectは空の文字列を返します。詳細についてを参照してくださいSetConnect

ヒント特価;ODBC テーブルを操作するには、方法、それらに接続する方法ですが。MDB データベース。詳細については、「アクセスする外部データベースと DAO」DAO ヘルプおよび記事のトピックを参照してください DAO 外部: 外部データ ソースでの作業Visual の C++ プログラマのガイド(&N)。

情報は接続文字列、DAO のヘルプでトピック「接続のプロパティ」を参照してください。Querydefs については、参照してください DAO クエリ定義 Visual の C++ プログラマのガイド

CDaoQueryDef 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index