CDaoQueryDef::Create

仮想 void 作成 (LPCTSTR lpszName lpszSQL = NULL、LPCTSTR = NULL);
throw (CDaoException, CMemoryException);

パラメーター

lpszName

特価;データベースに保存、クエリの一意の名前。文字列については、DAO ヘルプの「CreateQueryDef メソッド」のトピックを参照してください。既定値は空の文字列を受け入れる場合、一時クエリ定義が作成されます。このようなクエリは、QueryDefs コレクションに保存されません。(&N)。

lpszSQL

クエリを定義する SQL 文字列。NULLの既定値を受け入れる場合は、後で、文字列を設定するには、 SetSQLを呼び出す必要があります。それまでは、クエリは定義されません。ただし、未定義のクエリを使用して、レコード セットを開くことができます;解説の詳細を参照してください。Querydef を QueryDefs コレクションに追加する前に、SQL ステートメントを定義する必要があります。

解説

新しい保存したクエリまたは新しい一時的なクエリを作成するにはこのメンバー関数を呼び出します。LpszNameに名前を渡す場合は、[データベースの QueryDefs コレクションにクエリ定義を保存するには、追加をを呼び出すことができます。それ以外の場合、オブジェクトは、一時クエリ定義され保存されていません。いずれの場合では、クエリ定義がオープンの状態であるし、もCDaoRecordsetオブジェクトを作成するか、クエリ定義のExecuteメンバー関数を呼び出す使用することができます。

LpszSQLに SQL ステートメントを指定しない場合は、 Executeでクエリを実行することはできませんが、それを使用すると、レコード セットを作成します。その場合は、MFC はレコード セットの既定の SQL ステートメントを使用してください。

Querydefs については、参照してください DAO クエリ定義 Visual の C++ プログラマのガイド

CDaoQueryDef 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoQueryDef::OpenCDaoQueryDef::CDaoQueryDefCDaoRecordset::GetSQL(&N)

Index