CDaoQueryDef::CDaoQueryDef

CDaoQueryDef (CDaoDatabase ※ pDatabase );

パラメーター

pDatabase

開いているCDaoDatabaseオブジェクトへのポインター。

解説

CDaoQueryDefオブジェクトを構築します。オブジェクトを格納する、一時的なクエリや、コレクションに格納される新しいクエリ データベースの QueryDefs コレクションに格納されている既存のクエリ定義を表すことができます。あなたの次のステップは、クエリ定義のタイプによって異なります:

クエリ定義の属性を設定するには、 SetNameSetSQLSetConnectSetODBCTimeout、およびSetReturnsRecordsメンバー関数を使用することができます。

クエリ定義オブジェクトを完了したら、そのCloseメンバー関数を呼び出します。クエリ定義へのポインターがある場合は、削除演算子を使用する C++ オブジェクトを破棄するには。

Querydefs については、参照してください DAO クエリ定義 Visual の C++ プログラマのガイド

CDaoQueryDef 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoQueryDef::GetConnectCDaoQueryDef::GetDateCreatedCDaoQueryDef::GetDateLastUpdatedCDaoQueryDef::GetNameCDaoQueryDef::GetODBCTimeoutCDaoQueryDef::GetReturnsRecordsCDaoQueryDef::GetSQL(&N)

Index