CDaoFieldExchange::m_nOperation

解説

フィールドの exchange オブジェクトに関連付けられたCDaoRecordsetオブジェクトに対して実行する操作を指定します。CDaoFieldExchangeオブジェクトの別の DFX 操作は、レコード セットのコンテキストを提供します。

特価;MarkForAddNew と SetFieldNull 操作で以下を説明擬似 NULL値 Null のフィールドをマークするために使用する値です。DAO レコード フィールド交換メカニズム (DFX) この値を使用して、Null フィールドが明示的にマークされているを確認します。擬似 NULL COleDateTimeCOleCurrencyフィールドは必要ありません。(&N)。

DFX と以下の操作の詳細については、参照してください DAO レコード フィールド エクス チェンジ (DFX)Visual の C++ プログラマのガイド

M_nOperationを値します。:

操作 説明
AddToParameterList SQL ステートメントのパラメーター句を構築します。
AddToSelectList SQL ステートメントのSELECT句を作成します。
BindField アプリケーション内のメモリ位置には、データベース内のフィールドをバインドします。
BindParam レコード セットのクエリのパラメーター値を設定します。
フィックス アップ フィールドの Null 状態を設定します。
AllocCache レコード セットの「ダーティ」フィールドのチェックに使用されるキャッシュを割り当てます。
StoreField 現在のレコードをキャッシュに保存します。
LoadField キャッシュされたデータ メンバー変数に、レコード セットの復元します。
FreeCache 「ダーティ」フィールドに、レコード セットのチェックに使用するキャッシュを解放します。
SetFieldNull Null と擬似NULL値をフィールドの状態を設定します 。
MarkForAddNew フィールド「ダーティ」場合は擬似NULLをマークします。 。
MarkForEdit フィールドが「ダーティ」は、キャッシュが一致しない場合にマークします。
SetDirtyField 「ダーティ。」としてマークされた値フィールドの設定
DumpField フィールドの内容 (デバッグのみ) ダンプします。
MaxDFXOperation 入力チェックの使用。

CDaoFieldExchange 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoFieldExchange::IsValidOperationCDaoFieldExchange::m_prsCDaoRecordset::DoFieldExchange(&N)

Index