CDaoDatabase::GetRecordsAffected

長い GetRecordsAffected ();
throw (CDaoException, CMemoryException);

戻り値

影響を受けたレコードの数を表す長整数。

解説

Executeメンバー関数の最も最近の呼び出しによって影響を受けたレコードの数を決定するにはこのメンバー関数を呼び出します。返される値には、削除、更新、または実行で実行されたアクション クエリによって挿入されたレコードの数が含まれています。返されるカウント カスケード更新または削除するときの関連テーブルでの変更には反映されていません。

データベース オブジェクトの詳細情報を参照してください DAO データベースVisual の C++ プログラマのガイド。関連情報については、DAO ヘルプの「RecordsAffected プロパティ」のトピックを参照してください。

CDaoDatabase 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index