CControlBar::CalcDynamicLayout

仮想 CSize CalcDynamicLayout (int nLength、DWORD dwMode );

戻り値

コントロール バーのサイズをCSizeオブジェクトのピクセル。

パラメーター

nLength

コントロール バー、水平または垂直方向、 dwModeに応じてのいずれかの要求されたディメンション。

dwMode

Dynamc コントロール バーの幅と高さを決定する、次の定義済みのフラグが使用されます。ビットごとの OR (|) 演算子を使用して、フラグを結合するには。

レイアウト モード フラグ 何を意味します。
LM_STRETCH コントロール バーをフレームのサイズを拡大する必要があるかどうかを示します。バーがドッキング バー (ドッキングが利用できない) ではない場合を設定します。バーがドッキングまたはフローティングのときは (ドッキングが利用できる) 設定します。セット、 LM_STRETCH nLengthを無視し、 LM_HORZ状態に基づいてディメンションを返す場合。LM_STRETCHの作品同様に、 CalcFixedLayoutの; を使用するbStretchパラメーターそのメンバー関数ストレッチと方向の関係についての詳細を参照してください。
LM_HORZ バーが水平方向または垂直方向であることを示します。バーが水平方向、垂直方向の場合は、設定されていない場合を設定します。LM_HORZの作品同様に、 CalcFixedLayoutで; 使用bHorzパラメーターそのメンバー関数ストレッチと方向の関係についての詳細を参照してください。
LM_MRUWIDTH 最近動的幅を使用します。パラメーター nLengthを無視し、記憶の最近使用したを使用して幅。
LM_HORZDOCK 水平寸法を参照してください。パラメーター nLengthを無視し、最大の幅を動的サイズを返します。
LM_VERTDOCK 垂直寸法を参照してください。パラメーター nLengthを無視し、動的サイズの最大の高さを返します。
LM_LENGTHY NLengthが幅の代わりに高さ (Y 方向) を示す場合に設定します。
LM_COMMIT LM_MRUWIDTHをフローティング コントロール バーの現在の幅にリセットします。

解説

フレームワーク動的ツールバーのサイズを計算するにはこのメンバー関数を呼び出します。

CControlBarから派生したクラスで、独自の動的レイアウトを提供するためにこのメンバー関数をオーバーライドします。CControlBarCToolbarなどから MFC クラスを派生、このメンバー関数をオーバーライドして独自の実装を提供。

CControlBar 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CControlBar::CalcFixedLayoutCToolbar(&N)

Index