CCommandLineInfo::ParseParam

仮想 void ParseParam (LPCTSTR lpszParam、BOOL bFlag、BOOL ブラスト );

パラメーター

lpszParam

パラメーターまたはフラグ。

bFlag

LpszParamパラメーター フラグかどうかを示します。

ブラスト

この最後のパラメーターまたはコマンド行フラグかどうかです。

解説

フレームワークは、コマンド ・ ラインからの個々 のパラメーターを解析・解釈するには、この関数を呼び出します。CWinApp::ParseCommandLine ParseParam一度各パラメーターまたはコマンド ライン フラグを引数lpszParamに呼び出しを渡します。パラメーターの最初の文字が '-' または '/' の場合は、削除されます、 bFlagTRUEに設定されます。最後のパラメーターを解析するときは、ブラスト TRUEに設定されています。

この関数の既定の実装は、次のフラグの認識: /p/pt/dde/Automation、次の表に示すように/Embedding

コマンドライン引数 コマンドの実行
アプリケーション 新しいファイル。
アプリケーションファイル名 ファイルを開く。
アプリケーション /pファイル名 既定のプリンター ファイルを印刷します。
アプリケーション /ptファイル名プリンター ドライバー ポート 指定したプリンターにファイルを印刷します。
アプリケーション /dde 起動し、DDE コマンドを待つ。
アプリケーション /Automation OLE オートメーション サーバーとして起動します。
アプリケーション ・埋め込み OLE 埋め込みアイテムを編集するには開始します。

この情報は、 m_bRunAutomatedm_bRunEmbedded、およびm_nShellCommandに格納されます。フラグをスラッシュ '/' またはハイフン '-' でマークされています。

既定の実装は、 m_strFileNameに最初のフラグでないパラメーターを置きます。/Ptフラグの場合は、既定の実装 2 番目、3 番目と 4 番目のフラグでない配置パラメーターにm_strPrinterNamem_strDriverNamem_strPortName、それぞれ。

既定の実装もm_bShowSplash 本当に、新しいファイルの場合にのみ設定します。新しいファイルの場合は、ユーザー、アプリケーション自体を含むアクションを撮影しています。シェルを使用して既存のファイルを開くなどその他のケースでユーザーの操作を直接します。ドキュメント中心の観点では、スプラッシュ スクリーンはアプリケーションの開始発表する必要はありません。

その他のフラグやパラメーターの値を処理するために、派生クラスでこの関数をオーバーライドします。

CCommandLineInfo 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CWinApp::ParseCommandLine(&N)

Index