CByteArray

CByteArrayクラス動的配列のバイトをサポートします。

CByteArrayのメンバー関数はクラスCObArrayのメンバー関数に似ています。この類似性のためのメンバー関数の詳細については、 CObArrayのリファレンス ドキュメントを使用できます。関数パラメーターまたは戻り値としてCObjectへのポインターを参照してください、バイトに置き換える。

CObject ※ CObArray::GetAt (int lt; nIndex >) const

たとえば、

バイト CByteArray::GetAt (int lt; nIndex >) const

CByteArrayにシリアル化し、その要素の不法投棄をサポートするために、 IMPLEMENT_SERIALマクロが組み込まれています。アーカイブ、いずれかのオーバー ロードされた挿入するバイトの配列が格納されている場合 (lt; <) 演算子またはSerializeメンバー関数と、各要素を順番に、シリアル化は、。

特価;配列を使用する前に、 setsize 関数で配列のサイズを確定し、メモリを確保します。SetSizeを使用しない場合は、要素を配列に追加することが頻繁に再割り当てし、コピーが発生します。頻繁に再割り当てとコピー効率的ではありませんし、メモリが断片化することができます。(&N)。

配列の各要素からの出力をデバッグが必要な場合は、1 以上に、 CDumpContextオブジェクトの深さを設定する必要があります。

CByteArrayの使用の詳細については、参照してください コレクションVisual の C++ プログラマのガイド

#include lt;afxcoll.h>

クラス メンバーの |nbsp;基本クラス|階層図(&N)

参照特価;CObArray(&N)

Index