CBitmap::LoadBitmap

BOOL LoadBitmap ( LPCTSTR lpszResourceName );

BOOL LoadBitmap ( UINT nIDResource );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

lpszResourceName

ビットマップ リソースの名前を含む null で終わる文字列へのポインター。

nIDResource

ビットマップ リソースのリソース ID 番号を指定します。

解説

LpszResourceNameで名前またはnIDResource 、アプリケーションの実行可能ファイルから内の ID 番号によって識別される、ビットマップ リソースを読み込みます。読み込まれたビットマップはCBitmapオブジェクトに関連付けられています。

LpszResourceNameによって識別されるビットマップが存在しない場合、またはビットマップの読み込みの十分なメモリがある場合は、0 を返します。

LoadBitmap関数では、読み込まれたビットマップを削除するには、 CGdiObject::DeleteObject関数を使用することができますまたはCBitmapデストラクターはオブジェクトを削除します。

!警告特価;オブジェクトを削除する前に、デバイス コンテキストに選択されていないを確認します。(&N)。

次のビットマップ Windows に 3.1 以降のバージョンを追加しました:

OBM_UPARRROWI
OBM_DNARROWI
OBM_RGARROWI
OBM_LFARROWI

これらのビットマップ デバイス ドライバーの Windows のバージョン 3.0 とそれ以前されていません。ビットマップとその外観の表示の完全な一覧については、 Win32 プログラマーズ リファレンスを参照してください。

CBitmap 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CBitmap::LoadOEMBitmap :: LoadBitmapCGdiObject::DeleteObject(&N)

Index