CBitmap::CreateBitmap

BOOL CreateBitmap ( int nWidth, int パラメーター nHeight, UINT nPlanes, UINT nBitcount, const void ※ lpBits );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

nWidth

ビットマップのピクセル単位で幅を指定します。

パラメーター nHeight

ビットマップのピクセル単位での高さを指定します。

nPlanes

ビットマップのカラー プレーンの数を指定します。

nBitcount

表示のピクセルあたりのビット数の色の数を指定します。

lpBits

最初のビットマップのビット値を含む short 型整数配列へのポインター。NULLの場合は、新しいビットマップは初期化されていません。

解説

指定した幅、高さ、およびビット パターンがデバイスに依存するメモリ ビットマップを初期化します。

カラー ビットマップは、 nPlanesまたはnBitcountのいずれかのパラメーターを 1 に設定する必要があります。これらのパラメーターの両方を 1 に設定する場合は、 CreateBitmapモノクロのビットマップを作成します。

ビットマップはディスプレイ デバイスの直接選択ことはできませんが、それCDC::SelectObjectを使用して「メモリ デバイス コンテキスト」を現在のビットマップとして選択でき、互換性のあるデバイス コンテキストをcdc::bitblt関数を使用してコピー。

CreateBitmap関数によって作成されるCBitmapオブジェクトを完了したら、まず、デバイス コンテキストのビットマップを選択し、 CBitmapオブジェクトを削除。

詳細については、 BITMAP構造体のbmBitsフィールドの説明を参照してください。ビットマップ構造のCBitmap::CreateBitmapIndirectメンバー関数で記載されています。

CBitmap 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::SelectObjectCGdiObject::DeleteObjectcdc::bitblt :: CreateBitmap(&N)

Index