CAsyncSocket::SendTo

int SendTo ( const void ※ lpBuf, int nBufLen, UINT nHostPort, LPCTSTR lpszHostAddress = NULL、 int nFlags = 0 );

int SendTo ( const void ※ lpBuf, int nBufLen, const SOCKADDR ※ lpSockAddr, int nSockAddrLen, int nFlags = 0 );

戻り値

エラーが発生しない場合は、 SendToは送信した文字の合計数を返します。(このnBufLenによって示された数より少ないことに注意してください)。それ以外の場合、値がSOCKET_ERRORを返し、 GetLastErrorを呼び出して、特定のエラー コードを取得することができます。このメンバー関数を次のエラーを適用します。:

パラメーター

lpBuf

送信するデータを含むバッファー。

nBufLen

LpBufバイトのデータの長さ。

nHostPort

ソケット アプリケーションを識別するポート。

lpszHostAddress

このオブジェクトが接続されているソケットのネットワーク アドレス:"ftp.microsoft.com、"ドット区切り番号「128.56.22.8」などのマシン名。

nFlags

呼び出しが行われる方法を指定します。この関数の意味は、ソケット オプションとパラメーター nFlagsによって決まります。後者は C++または演算子を使って次の値のいずれかを組み合わせることで構築します。:

lpSockAddr

ターゲットのソケットのアドレスが含まれているSOCKADDR構造体へのポインター。

nSockAddrLen

LpSockAddrバイトのアドレスの長さ。

解説

データを特定の宛先に送信するにはこのメンバー関数を呼び出します。SendToは、データグラム ソケットまたはストリーム ソケットに使用され、ソケットに出力データを書き込むために使います。データグラム ソケットでは、 AfxSocketInitで記入するWSADATA構造内のiMaxUdpDg要素で指定した IP パケットの最大サイズは基になるサブネットを超えないように注意する必要があります。データが、基になるプロトコル アトミックには長すぎる場合は、 WSAEMSGSIZEエラーが返されますとデータを送信しません。

SendToが正常に完了、データが正常に配信されたことはないことを示しています。

LpSockAddrパラメーターによって識別される特定のソケットにデータグラムを送信する、 SOCK_DGRAMソケットをSendToでのみ使用することには。

(、 SOCK_DGRAM上のみ) ブロードキャストを送信するには、 lpSockAddrパラメーターでアドレス特別な IP アドレス (Windows ソケット ヘッダー ファイル WINSOCK を定義。 INADDR_BROADCASTを使用して構築する必要があります。目的のポート番号 H) と共に。または、 lpszHostAddressパラメーターがNULLの場合は、ソケットの放送のため構成です。それを断片化することができますが発生する、サイズを超過するブロードキャスト データグラムを一般的にお勧めではない (ヘッダーを除く)、データグラムのデータ部分が 512 バイトを超えないことを意味。

CAsyncSocket 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CAsyncSocket::CreateCAsyncSocket::ReceiveCAsyncSocket::ReceiveFrom:send(&N)

Index