:Send

仮想 int 送信 ( const void ※ lpBuf, int nBufLen, int nFlags = 0 );

戻り値

エラーが発生しない場合は、送信送信文字の合計数を返します。(このnBufLenによって示された数より少ないことに注意してください)。それ以外の場合、値がSOCKET_ERRORを返し、 GetLastErrorを呼び出して、特定のエラー コードを取得することができます。このメンバー関数を次のエラーを適用します。:

パラメーター

lpBuf

送信するデータを含むバッファー。

nBufLen

LpBufバイトのデータの長さ。

nFlags

呼び出しが行われる方法を指定します。この関数の意味は、ソケット オプションとパラメーター nFlagsによって決まります。後者は C++または演算子を使って次の値のいずれかを組み合わせることで構築します。:

解説

接続された socket にデータを送信するにはこのメンバー関数を呼び出します。送信接続されているストリームまたはデータグラム ソケットで送信データの書き込みに使用されます。データグラム ソケットでは、 AfxSocketInitによって返されるWSADATA構造内のiMaxUdpDg要素で指定した IP パケットの最大サイズは基礎となるサブネットを超えないように注意する必要があります。データが、基になるプロトコル アトミックには長すぎる場合は、 GetLastErrorを介して、 WSAEMSGSIZEエラーが返されます、データは送信されません。

メモは、データグラム ソケットが正常に完了する送信のデータが正常に配信されたことはありません。

SOCK_STREAMタイプのCAsyncSocketオブジェクトに書き込まれたバイト数 1 とローカルおよび外部の両方のホストのバッファーの可用性に応じて、要求された長さとすることができます。

CAsyncSocket 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CAsyncSocket::CreateCAsyncSocket::ReceiveCAsyncSocket::ReceiveFromCAsyncSocket::SendTo(&N)

Index