CAsyncSocket::Listen

BOOL 聞く ( int nConnectionBacklog = 5 );

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0、および具体的なエラー コードGetLastErrorの呼び出し取得できます。このメンバー関数を次のエラーを適用します。:

パラメーター

nConnectionBacklog

待ちのキューの接続が拡張できる最大の長さ。有効な範囲は 1 から 5 には。

解説

受信接続要求をリッスンするにはこのメンバー関数を呼び出します。接続を受け入れる、ソケットの作成に最初作成、着信接続バックログは耳を傾けると、指定されたし、接続を受け入れる受け入れられます。聞く接続をサポートするソケットにのみは、 SOCK_STREAMタイプの適用されます。このソケットは着信接続が確認し、承認保留中のキューに置かれた、プロセスによって「パッシブ」モードに入れています。

この関数は、通常サーバー (または接続を受け入れるよう求めている任意のアプリケーション) によって使用されますは、一度に 1 つ以上の接続要求を持つことができる: 接続要求におけるキューに到着する場合は、クライアントとWSAECONNREFUSEDのエラーが表示されます。

リッスンがない場合使用可能なポート (記述子) 合理的機能を継続しようとします。キューが空になるまで接続を受け入れます。ポートが利用可能になる場合は、以降の呼び出しをリッスンまたは同意現在または最新「バックログ」キューを可能であれば補充し、着信接続のリッスンを再開。

CAsyncSocket 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CAsyncSocket::AcceptCAsyncSocket::ConnectCAsyncSocket::Create(&N)

Index