CAsyncSocket::IOCtl

BOOL IOCtl ( 長い lCommand, DWORD ※ lpArgument );

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0、および具体的なエラー コードGetLastErrorの呼び出し取得できます。このメンバー関数を次のエラーを適用します。:

パラメーター

lCommand

ソケットで実行するコマンド。

lpArgument

LCommandのパラメーターへのポインター。

解説

ソケットのモードを制御するにはこのメンバー関数を呼び出します。このルーチンは、ソケットの任意の状態で使用できます。取得またはプロトコルと通信サブシステムの独立したソケットと関連付けられている操作のパラメーターを取得するを使用します。次のコマンドがサポートされています:

この関数はソケットで使用される特定のサブセットです。特に、 SIOCATMARKはサポートされてのみソケット レベル コマンドの中にFIOASYNC、相当コマンドはありません。

CAsyncSocket 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CAsyncSocket::AsyncSelectCAsyncSocket::CreateCAsyncSocket::GetSockOptCAsyncSocket::SetSockOpt(&N)

Index