CAsyncSocket::Connect

BOOL 接続 ( LPCTSTR lpszHostAddress, UINT nHostPort );

BOOL 接続 ( const SOCKADDR ※ lpSockAddr, int nSockAddrLen );

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0、および具体的なエラー コードGetLastErrorの呼び出し取得できます。接続操作が完了すると、アプリケーション エラー コードWSAEWOULDBLOCKのことが示され、アプリケーションが、オーバーライド可能なコールバックを使用している場合は、 OnConnectメッセージが表示されます。このメンバー関数を次のエラーを適用します。:

パラメーター

lpszHostAddress

このオブジェクトが接続されているソケットのネットワーク アドレス:"ftp.microsoft.com"、またはドット区切り番号「128.56.22.8」などのマシン名。

nHostPort

ソケット アプリケーションを識別するポート。

lpSockAddr

接続されているソケットのアドレスが含まれているSOCKADDR構造体へのポインター。

nSockAddrLen

LpSockAddrバイトのアドレスの長さ。

解説

未接続のストリームまたはデータグラム ソケットへの接続を確立するためにこのメンバー関数を呼び出します。場合は、ソケットがバインドされていない、一意の値は、ローカルの協会に、システムによっては、割り当てられているし、ソケットのマークをバインドします。名前の構造体のアドレス ・ フィールドがすべてゼロの場合は、接続はゼロを返すことに注意してください。拡張エラー情報を取得するには、 GetLastError関数を呼び出す。

ストリーム ソケット ( SOCK_STREAMタイプ) の場合は、アクティブな接続は、外部のホストに開始されます。ソケット呼び出しを正常に完了すると、ソケットはデータ送受信する準備ができています。

データグラム ソケットは (型SOCK_DGRAM)、デフォルトの複製先が後続の送信に使用されるは設定されているし、受信を呼び出す。

CAsyncSocket 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CAsyncSocket::AcceptCAsyncSocket::BindCAsyncSocket::GetSockNameCAsyncSocket::CreateCAsyncSocket::AsyncSelect(&N)

Index