CAsyncSocket::Attach

BOOL 接続 ( ソケット hSocket長い lEvent = FD_READ | 割り当てられた FD_WRITE | FD_OOB | FD_ACCEPT | FD_CONNECT | FD_CLOSE );

戻り値

関数が成功した場合 0 以外の値。

パラメーター

hSocket

ソケットへのハンドルが含まれています。

lEvent

これで、アプリケーションを必要とするネットワーク イベントの組み合わせを指定するビットマスク。

解説

HSocketハンドルをCAsyncSocketオブジェクトにアタッチするにはこのメンバー関数を呼び出します。ソケットハンドルは、オブジェクトのm_hSocketデータ メンバーに格納されています。

CAsyncSocket 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CAsyncSocket::Detach(&N)

Index