CAsyncMonikerFile::Open

仮想BOOLオープン (LPCTSTRlpszURL CFileException ※pErrorNULL=);

仮想BOOLオープン (IMoniker ※pMoniker CFileException ※pErrorNULL=);

仮想BOOLオープン (LPCTSTRlpszURL IBindHost ※pBindHost CFileException ※pErrorNULL=);

仮想BOOLオープン (IMoniker ※pMoniker IBindHost ※pBindHost CFileException ※pErrorNULL=);

仮想BOOLオープン (LPCTSTRlpszURL IServiceProvider ※pServiceProvider CFileException ※pErrorNULL=);

仮想BOOLオープン (IMoniker ※pMoniker IServiceProvider ※pServiceProvider CFileException ※pErrorNULL=);

仮想BOOLオープン (LPCTSTRlpszURL IUnknown ※pUnknown CFileException ※pErrorNULL=);

仮想BOOLオープン (IMoniker ※pMoniker IUnknown ※pUnknown CFileException ※pErrorNULL=);

戻り値

ファイルが正常に開くことそうでなければ 0。

パラメーター

lpszURL

非同期的に開かれるファイルへのポインター。ファイルは有効な URL またはファイル名にすることができます。

pError

ファイルの例外へのポインター。エラーの発生が原因に設定されます。

pMoniker

非同期モニカー インターフェイスIMonikerを取得することができます、ドキュメントのモニカーの組み合わせです、高精度モニカーへのポインター IOleClientSite::GetMoniker ( OLEWHICHMK_CONTAINERからパス名を作成するモニカー。コントロールをバインドするには、このモニカーを使用することができますが、これを保存する必要があります、モニカーではないです。 。

pBindHost特価;潜在的相対パス名からモニカーを作成するために使用されるIBindHostインターフェイスへのポインター。バインドのホストが有効でないか、モニカーはない場合は、デフォルトの呼び出しオープン (lpszFileName,pErrorIBindHostインターフェイスの説明については、 ActiveX SDKを参照してください。 (&N)。

pServiceProvider

IServiceProviderインターフェイスへのポインター。サービス プロバイダーが有効でないかIBindHostのサービスを提供するために失敗した場合は、デフォルトの呼び出しオープン (lpszFileName,pError

pUnknown

IUnknownインターフェイスへのポインター。IServiceProviderは見つからない、 IBindHostの関数をクエリする場合。サービス プロバイダーが有効でないかIBindHostのサービスを提供するために失敗した場合は、デフォルトの呼び出しオープン (lpszFileName,pError

解説

非同期的にファイルを開くにはこのメンバー関数を呼び出します。この呼び出しのバインド プロセスを開始します。

LpszURLパラメーターには、URL またはファイル名を使用できます。たとえば:

CMyAsyncMonFilenbsp;mamf;mamf。Open(_T("http://www.microsoft.com"))(&N)

特価;- または- & 特価(&N);

CMyAsyncMonFilenbsp;mamf;mamf。Open(_T("file:c:\mydata.dat"))(&N)

CAsyncMonikerFile 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CAsyncMonikerFile::CAsyncMonikerFile(&N)

Index