CArray::InsertAt

void InsertAt ( int nIndex, ARG_TYPE newElement, int nCount = 1 );
スロー ( CMemoryException );

void InsertAt ( int nStartIndex, CArray ※ pNewArray );
スロー ( CMemoryException );

パラメーター

nIndex

GetUpperBoundによって返される値より大きいことがあります、整数インデックス。

ARG_TYPE

この配列の要素の型を指定するテンプレート パラメーター。

newElement

この配列に格納する要素。

nCount

この要素する必要があります回数 (デフォルトは 1) 挿入。

nStartIndex

GetUpperBoundによって返される値より大きいことがあります、整数インデックス。

pNewArray

この配列に追加する要素を含む別の配列。

解説

InsertAtの最初のバージョンでは、配列内の指定したインデックスで、1 つの要素 (または要素の複数のコピー) が挿入されます。その過程で、それをシフト (インデックスをインクリメントして) このインデックスでは、既存の要素は上記のすべての要素をシフト。

NStartIndex位置の別のCArrayコレクションからすべての要素、2 番目のバージョンを挿入します。

SetAt関数は対照的に、1 つの指定された配列要素に置き換えられます、要素のシフトはありません。

//CArray::InsertAt の例CArraylt;CPoint、CPoint > ptArray;ptArray.Add(CPoint(10,20));//0 の要素ptArray.Add(CPoint(30,40));//(なる要素 2) 要素 1ptArray.InsertAt (1, CPoint(50,60));・ ・新要素 1

CArray 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;GetUpperBoundCArray::SetAtCArray::RemoveAt(&N)

Index