CArchive クラス メンバー

データ メンバー

m_pDocument シリアル化される、 CDocumentオブジェクトへのポインター。

建設

CArchive CArchiveオブジェクトを作成します。
中止 例外をスローせずにアーカイブを閉じる。
閉じる 書き込まれていないデータをフラッシュし、 CFileから切り離します。

基本的な入出力

フラッシュ 書き込まれていないデータをアーカイブ バッファーからフラッシュします。
演算子 gt; & gt; オブジェクトとプリミティブ型をアーカイブから読み込みます。
演算子 lt; & lt; ストア オブジェクトとプリミティブ型をアーカイブ。
読み取り 生バイトを読み込みます。
書き込み 生バイトを書き込みます。
WriteString 単一行のテキストを書き込む。
ReadString 単一行のテキストを読み取る。

ステータス

GetFile このアーカイブのCFileオブジェクトのポインターを取得します。
GetObjectSchema 逆シリアル化するオブジェクトのバージョンを確認するには、 Serialize関数から呼び出してください。
SetObjectSchema アーカイブ オブジェクトに格納されているオブジェクト スキーマを設定します。
IsLoading アーカイブをロードするかどうかを決定します。
IsStoring アーカイブが格納しているかどうかを決定します。
IsBufferEmpty バッファーは Windows ソケット中に空にされてかどうかを決定プロセスが表示されます。

オブジェクト入出力

ReadObject オブジェクトのSerialize関数を呼び出し。
WriteObject 格納するためにオブジェクトのSerialize関数を呼び出す。
MapObject オブジェクトは、ファイルには、シリアル化されませんが、参照のサブオブジェクトとして、マップの配置します。
Setstoreparams で ハッシュ テーブルのサイズと、シリアル化プロセス中に一意のオブジェクトを識別するために使用されるマップのブロック サイズを設定します。
SetLoadParams 読み込み配列を大きくサイズを設定します。任意のオブジェクトが読み込まれる前に、またはMapObjectまたはReadObjectを呼び出す前に呼び出す必要があります。
ReadClass Writeclassとクラス参照を以前格納を読み取ります。
Writeclass は CArchiveCRuntimeClassへの参照を書き込みます。
SerializeClass 読み取りまたは、 CArchiveの方向に応じて、 CArchiveオブジェクトのクラスへの書き込み。

CArchive 概要|nbsp;階層図(&N)

Index