CArchive::WriteObject

void WriteObject ( const CObject ※ 出生地 );
スロー ( CFileException、 CArchiveException );

パラメーター

出生地

格納されているオブジェクトへの定数ポインター。

解説

アーカイブに指定されたCObject を格納します。

この関数は通常、 CArchive挿入によって呼び出されます (lt; <) CObjectのオーバー ロードされた演算子。WriteObject、順番に、アーカイブされたクラスのSerialize関数を呼び出す。

IMPLEMENT_SERIALマクロを使用してアーカイブを有効にする必要があります。WriteObjectは、ASCII のクラス名をアーカイブに書き込みます。このクラス名は、後のロード プロセス中に検証されます。特別なエンコード スキーム、クラスの複数のオブジェクトのクラス名の不必要な重複を防ぎます。この方式も冗長ストレージは、1 つ以上のポインターのターゲット オブジェクトの防止します。

エンコード方式 (ASCII のクラス名の存在など)、正確なオブジェクトの実装の詳細し、将来のバージョンのライブラリを変更できませんでした。

特価;作成、削除、および、アーカイブを開始する前に、すべてのオブジェクトの更新を完了します。オブジェクトの変更をアーカイブを混在している場合、アーカイブが破損している(&N)。

CArchive 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CArchive::ReadObject(&N)

Index