CArchive::SetStoreParams

setstoreparams では無効 (UINT nHashSize 2053、UINT を = nBlockSize = 128);

パラメーター

nHashSize

インターフェイス ポインターのハッシュ テーブルのサイズを割り当てます。値は素数にする必要があります。

nBlockSize

パラメーターを拡張するため、メモリ割り当ての単位を指定します。最高のパフォーマンスを 2 の累乗にする必要があります。

解説

Setstoreparams で CObjectの大規模な数を格納する-、アーカイブ内のオブジェクトを派生。

Setstoreparams でハッシュ テーブルのサイズと、シリアル化 process.nbsp 中に一意のオブジェクトを識別するために使用するマップのブロック サイズを設定することができます。(&N);

あなたsetstoreparams ですべてのオブジェクトを格納した後、またはMapObjectまたはWriteObjectが呼び出された後呼び出す必要はありません。

cMyLargeDocument クラス: パブリック CDocument {...};void CMyLargeDocument::Serialize (CArchiveamp; ar){場合は (ar。IsStoring(&))ar。SetStoreParams();・大規模なデフォルトを使用他ar。SetLoadParams();場合は (ar。IsStoring()){//CMyLargeDocument を格納するためのコード}他{//CMyLargeDocument を読み込むためのコード}}

CArchive 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CArchive::SetLoadParams(&N)

Index