CArchive::SerializeClass

void SerializeClass (const CRuntimeClass ※ pRuntimeClass );

パラメーター

pRuntimeClass

基本クラスのランタイム クラス オブジェクトへのポインター。

解説

ストアし、基本クラスのバージョン情報をロードする場合は、このメンバー関数を呼び出します。SerializeClassは読み取りまたはクラスへの参照、 CArchiveの方向に応じて、 CArchiveオブジェクトを書き込みます。SerializeClass ReadClasswriteclass はの代わりに基本クラスのオブジェクトをシリアル化する便利な方法として使用します。SerializeClassに以下のコードと以下のパラメーターが必要です。

ReadClassのように、 SerializeClassは、アーカイブされたクラスの情報がランタイム クラスに互換性があることを確認します。互換性がない場合は、 SerializeClass CArchiveExceptionがスローされます。

ランタイム クラスには、 DECLARE_SERIALIMPLEMENT_SERIALを使用する必要があります;それ以外の場合、 SerializeClass CNotSupportedExceptionがスローされます。

RUNTIME_CLASSマクロを使用して、 pRuntimeClassパラメーターの値を取得します。基本クラスは、 IMPLEMENT_SERIALマクロを使用する必要があります。

cBaseClass クラス: パブリック CObject {...};CDerivedClass クラス: パブリック CBaseClass {...};void CDerivedClass::Serialize (CArchiveamp; ar){場合は (ar。IsStoring(&)){内容//of がこのオブジェクトを格納する//normal コード}他{このオブジェクトの内容の//of を読むための//normal コード}//allow//with に沿ってそのバージョン情報をシリアル化するには、基本クラスar。SerializeClass(RUNTIME_CLASS(CBaseClass));CBaseClass::Serialize(ar);}

CArchive 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CArchive::ReadClassCArchive::WriteClassCArchive::GetObjectSchemaCArchive::SetObjectSchemaCArchiveExceptionCNotSupportedException(&N)

Index