CArchive::operator lt; & lt;

友人 CArchiveamp; 演算子 << ( CArchive & ar, const CObject ※ 出生地 );
スロー ( CArchiveException、 CFileException );

CArchiveamp; 演算子 <<( BYTE by );
スロー ( CArchiveException、 CFileException );

CArchiveamp; 演算子 <<( WORD w );
スロー ( CArchiveException、 CFileException );

CArchiveamp; 演算子 <<( int i );
スロー ( CArchiveException、 CFileException );

CArchiveamp; 演算子 <<( LONG l );
スロー ( CArchiveException、 CFileException );

CArchiveamp; 演算子 << ( DWORD dw );
スロー ( CArchiveException、 CFileException );

CArchiveamp; 演算子 <<( float f );
スロー ( CArchiveException、 CFileException );

CArchiveamp; 演算子 << ( ダブル d );
スロー ( CArchiveException、 CFileException );

戻り値

複数の抽出演算子を 1 つの行を有効にするCArchive参照。

解説

指定したオブジェクトまたはプリミティブ型をアーカイブに保存します。

あなたのクラスの実装で、 IMPLEMENT_SERIALマクロを使用する場合、挿入演算子はCObjectの呼び出しを保護されたWriteObjectオーバー ロード。この関数は、順番に、クラスのSerialize関数を呼び出す。

長い l;int;extern CArchive ar;場合は (ar。IsStoring())ar lt; < l << は;

CArchive 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CArchive::WriteObjectで cobject::serialize(&N)

Index