CArchive::m_pDocument

解説

NULLを既定の設定、このCDocumentへのポインターには何も、 CArchiveインスタンスをユーザー設定できます。このポインターの一般的な用途は、シリアル化されているすべてのオブジェクトをシリアル化プロセスの関連情報を伝えることです。これは、ドキュメントにポインターを初期化によって実現 ( CDocument-クラスを派生) にはされているシリアルなどの方法で、ドキュメント内のオブジェクトが必要な場合は、ドキュメントをアクセスできること。このポインターはまたCOleClientItemオブジェクトをシリアル化中に使用されます。

フレームワークは、ユーザーが [ファイルを開く問題がシリアル化されているドキュメントにm_pDocumentを設定またはコマンドを保存します。オブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) のコンテナー ドキュメントの理由以外のファイルを開くまたは保存をシリアル化する場合は、 m_pDocumentを明示的に設定する必要があります。たとえば、あなたのクリップボードにコンテナー ドキュメントをシリアル化するときこれを行うには。

CArchive 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDocumentCOleClientItem(&N)

Index