CArchive::GetObjectSchema

UINT GetObjectSchema ( );

戻り値

逆シリアル化中に、読み取り、オブジェクトのバージョン。

解説

この関数は、現在逆シリアル化されているオブジェクトのバージョンを確認するには、 Serialize関数から呼び出します。CArchiveオブジェクトを読み込む (CArchive::IsLoading返します 0 以外) されている場合この関数を呼び出すのみ有効です。Serialize関数内の最初の呼び出しをする必要があり、1 回だけ呼び出されます。(UINT) ? 1 の戻り値は、バージョン番号が不明であることを示します)。

CObject-派生クラス可能性があります (またはのビットごとの or を使用して) 結合VERSIONABLE_SCHEMAスキーマ バージョン自体 ( IMPLEMENT_SERIALマクロ) を使用、「バージョン」、 Serializeメンバー関数は、複数のバージョンを読むことができるオブジェクトは、作成します。既定のフレームワーク機能 ( VERSIONABLE_SCHEMA) なしのバージョンが一致していない場合に例外をスローするです。

IMPLEMENT_SERIAL (いる CMyObject、CObject VERSIONABLE_SCHEMA|1)void CMyObject::Serialize (CArchiveamp; ar) {場合は (ar。IsLoading(&)){int nVersion ar を =。GetObjectSchema();switch(nVersion){0 の場合://の以前のバージョンでを読む//このオブジェクト休憩;ケース 1://の現在のバージョンでを読む//このオブジェクト休憩;既定値://不明なバージョンのレポート ・ ・このオブジェクト休憩;}}他{//コードを格納する通常に行くここで}}

CArchive 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;で cobject::serializeCObject::IsSerializableIMPLEMENT_SERIALDECLARE_SERIALCArchive::IsLoading(&N)

Index